敏感な肌の場合は敏感な肌だと一括りに

敏感な肌の場合は、敏感な肌だと一括りにする事には無理がありますが、肌に無理が掛からず、なおかつ肌に合わせた化粧品で、お手入れをするということが大事です。
気候やお年によって、肌の状態がそれぞれ違うというのも、敏感な肌の悩ましいところです。
つける時のお肌の調子に合わせて、きちんとスキンケアをするようにしてみてくださいね。
このところ、重曹がニキビケアに効くという話をよく聞きます。
重曹は弱アルカリ性で、油分を分解する性質があるため、洗顔料に重曹を加えて洗顔すれば、毛穴汚れや角質のお手入れができ、吹き出物を改善してくれるのではと期待されています。
ただ、研磨効果のある重曹が含まれた洗顔料だと肌にダメージを与える恐れもあるため、試す場合は、注意が必要でしょう。
私の場合、ニキビがひどくなってきた場合には、洗顔石鹸を使ってピーリングをしています。
ピーリングを初めてやった時は、肌に少しヒリヒリした感覚がありました。
それで、ちょっぴり怖くなってすぐに止めたのですが、肌が正常に戻ってみたら、そのヒリヒリ感がきれいさっぱり消えて、キレイにニキビが改善できました。
それ以来、ニキビを見つけるとピーリングをするよう心がけています。
ニキビというのは潰してしまっても良いのでしょうか。
実は、潰しても問題ない状態のニキビと潰してはダメな状態のニキビがあります。
潰しても大丈夫なニキビの状態とは、炎症が落ち着いてきて、中にある膿が白くなり盛り上がってきた状態のニキビです。
こんなニキビの状態は、膿が出てこようと芯ができ初めている状態ですから、専用の器具や針といったものを使えば、潰しても問題ないでしょう。
ニキビを搾ると、膿が中から出てきます。
さらに潰してしまうと次は芯がでてきます。
それがニキビの原因となるものなのですが、無理に潰して芯を出すことはあまりお勧めできることではありません。
無理矢理に潰すことになるのですから、より一層炎症が広がってしまいます。
ニキビ跡として残ってしまう恐れもあるので薬などで地道に治しましょう。